レーザー脱毛の施術が受けられない人とは

体質や体調によって施術が受けられない

レーザー脱毛は、医療脱毛の中でも人気の施術となっていますが、体質や体調によっては施術が受けられないケースがあります。体質によっては、レーザーの刺激が体にとって大きな負担となることもあります。てんかん、甲状腺疾患、心疾患、光アレルギーなどがある人は、施術が受けられないことがあります。医師により、レーザーが体質的に合っていないと判断された場合には、レーザー脱毛の施術が受けることができません。また、妊娠中や授乳中の方は断られるケースもあります。

この時期は、体調の変化が起きやすいです。そのため、健康面を考えて、妊娠中や授乳中の人は断っているところが多いようです。レーザーが、胎児に影響を与えるから施術が受けられないということではないようです。その他にも、インプラントなど、体の中に金属がある場合にも施術が受けられないケースがあります。

肌の状態や使用している薬によって施術が受けられない

レーザー脱毛は、黒色のメラニン色素に反応して照射されます。そのため、日焼けをしている肌では、毛根ではなく肌にレーザーが照射される可能性があるために、施術を断られることがあります。日焼けをしていなくても、手術跡やタトゥーなどの箇所も施術ができないと考えておきましょう。また、服用している薬、塗っている薬によっては施術が受けられないケースもあります。

ステロイド剤は光を吸収します。そのため、塗っている箇所に施術をすると火傷をする可能性があります。また、服用している薬によって副作用が出る可能性もあることから、施術を受ける前には、服用している薬を医師に伝えて、施術を受けても大丈夫なのかを確認することが大切です。

レーザー脱毛を銀座でやる魅力は店舗が多く、料金体系がかなり選べることです。少ない回数で処理が終われば返金してくれるシステムもあり、安心です。