レーザー脱毛の種類

メラニンに反応し、毛母細胞を破壊する従来型のレーザー脱毛

従来型のレーザー脱毛は、毛根に含まれるメラニンにレーザーが反応すると細胞を破壊して脱毛効果をもたらすことができるというタイプです。毛根には毛母細胞という組織があり、そこから司令が出ることによって体毛を生やす仕組みになっています。レーザーを照射すると、毛母細胞に含まれるメラニンが反応するので、体毛を生やす司令部分を破壊することで脱毛効果をもたらします。ただ、このタイプのレーザー脱毛では、皮膚の深い部分にある毛母細胞にレーザーを照射しなければならないので、短い間に何回もレーザーを照射すると肌にダメージを与えてしまいます。そのため、毛周期という体毛が生え変わるサイクルに合わせ、2、3ヶ月に一度施術を受けることになるのです。

新タイプのレーザー脱毛は、蓄熱式だからダメージも少ない

新しいタイプのレーザー脱毛に、蓄熱式という種類が登場して話題を集めています。蓄熱式では、毛根よりもさらに浅い表皮に近い部分にある発毛因子に働きかけることで脱毛します。従来のレーザー脱毛と大きく異なる点は、皮膚の表皮に近い部分にレーザーを照射すれば良いので、弱いレーザーでも脱毛効果をもたらすことができる点です。そのため、肌への負担や痛みをかなり軽減することに成功しました。さらに特筆すべき点は、毛周期とは関係なくレーザーの照射を行えるため、間隔を開けずに施術ができるようになったという点です。こうした理由により、蓄熱式のレーザー脱毛では、肌に負担をかけず、最短で6ヶ月ほどで全身脱毛を完了することができるようになりました。

レーザー脱毛を池袋で探したい場合、池袋周辺で配布されているフリーペーパーを活用するのも良いでしょう。