レーザー脱毛の効果

レーザー脱毛と他の脱毛方法の違い

レーザー脱毛とは数ある脱毛方法の中でも特にしっかりとした脱毛効果が期待できる脱毛方法です。脱毛と言えば家で行う剃毛・毛抜などによる脱毛・除毛クリームによる除毛などがあります。またクリニックなどではブラジリアンワックスによる脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛などがあります。基本的に家で行う脱毛は一時的な物で処理をしてもまたすぐに生え直してしまうため、脱毛状態を維持したい場合は定期的に繰り返し行う必要があります。しかしニードル脱毛やレーザー脱毛といった脱毛方法は基本的に永久脱毛となっており、一度しっかりと脱毛が完了してしまえばその毛穴から毛が生えることはなく、長期的な目で見た時に手間を大幅に減らすことが出来るメリットがあります。

レーザー脱毛の特徴や注意点

レーザー脱毛は基本的にまず毛を剃毛した後で、患部に対してレーザーを照射して施術します。このレーザーが毛根のメラニンに反応することで毛根を焼いて損傷させることで、毛が生えなくなってくるという仕組みです。この構造上どうしても毛根が高温になるので痛みは生じてしまう点は注意が必要でしょう。もちろんクリニック側でも痛みを減らすためにしっかりと患部の冷却を行ってくれたり、弱めの麻酔を使って軽く感覚を麻痺させた状態で施術するなど様々な努力を行っています。またレーザー脱毛も流石にたった1回の施術で完全に終わることはなく、脱毛箇所を綺麗に脱毛しきるためには何度か通院する必要があります。もちろん一度生えてこなくなれば効果は永続しますが、通院費用の計算の際は、1度では終わらないということを前提にして考えておきましょう。

顔のレーザー脱毛を行うことで産毛の処理をしなくて良いだけでなく、肌がワントーン明るくなるというメリットが得られます。